車買取と下取りの違いは?

所有している車を売りたい場合、業者側には可能な限り高い金額で買い取ってもらいたいですよね。
実は、買取りと下取りを上手く使い分けることによって、買取価格に大きな差が生じることを皆さんはご存知でしたか?

買取りと下取りの違いをしっかりと把握し、査定を受けて比較することによって納得のいく取引きが可能となります。

【買取とは?】今所有している愛車を売り、現金を受け取ることが買取です。
新車に買い替える場合、その資金を次のクルマの頭金に充てることができます。

買取価格は、業者間オークションの相場を基にして買取れる最高値を基本価格とし、
装備や状態などを考慮して割り出されます。

大型買取専門チェーン店の場合、その都度全国の相場情報を収集して基本価格を決定するので、
高い買取価格が期待できますが、中古車相場の場合は、オークション会場や地域によって
取引相場は異なりますので注意が必要です。

また、買取りの場合、社外品である部品(エアロ・アルミホイール等)も評価対象となります。

【下取りとは?】 所有している愛車を売り、同じ販売店で買う次の車の購入資金に充てることが下取りです。
新車を正規ディーラーで下取りする場合、通常は販売会社が用意する下取り基本価格表を基準に
車両のマイナス点(傷やヘコミ等)を査定し、減額して下取り価格を計算します。

価格表は定期的に更新されますが、業者間のオークション相場には連動していない場合があります。
次の車を同じ販売店で買うことが前提とされるため、新車販売価格の調整もふまえて下取り価格が
算出されるケースが殆どのようです。買取と違って、社外品パーツの評価はあまり期待ができません。